人間数理研究分野 長山雅晴教授・小林康明准教授の論文がプレスリリースされました。

人間の触錯覚のメカニズムを数理皮膚科学によって解明 — 世界で初めて「魚骨触錯覚の消失現象」を発見,技術開発応用への期待

 

M. Nakatani, Y. Kobayashi, K. Ohno, M. Uesaka, S. Mogami, Z. Zhao, T. Sushida, H. Kitahata, and M. Nagayama, Temporal coherency of mechanical stimuli modulates tactile form perception, Scientific Reports 11, 11737 (2021), DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-90661-1

 

詳しくはこちらを御覧ください。