第十六回社会創造数学セミナー 「シリコン神経ネットワークの研究動向」のご案内

第十六回社会創造数学セミナー 「シリコン神経ネットワークの研究動向」のご案内

日時:7/25(火)
第十六回社会創造数学セミナー   09:00-10:00(1時間)

インフォーマルな勉強会     10:00-12:00(2時間)

場所:電子科学研究所 北キャンパス 会議室を予定
https://www.es.hokudai.ac.jp/about/

講演者:東京大学 生産技術研究所 情報・エレクトロニクス系部門
河野 崇先生
http://www.keisu.t.u-tokyo.ac.jp/lab/lab_mist/member/seimei_2.html

題目:「シリコン神経ネットワークの研究動向」

概要:近年のブレークスルーにより、人工ニューラルネットワークによるパターン認識能力が大幅に向上した。半導体プロセス微細化による恩恵を趙並列化によって受けることができ、従来の計算モデルで
は難しかった情報処理を効率よく実行できる有望な技術として注目を浴びている。

シリコン神経ネットワークは、神経細胞に対応するシリコンニューロン回路とシナプスに対応するシリコンシナプス回路とを組み合わせることによってリアルタイム以上の速度で動作する電子回路版神経ネットワークを構築しようとする試みである。人工ニューラルネットワークに比べ、脳神経系の情報処理メカニズムをより多く取り込んだ情報処理システムを構築することで、脳の優れた特性を多く受け継いだ次世代人工知能を実現することが期待されており、研究者人口も増えつつある。

今回は、IBM TrueNorthなどを含む最近のシリコン神経ネットワーク、我々の研究室での取り組みについて簡単に紹介する。