人間数理研究分野 長山雅晴教授・小林康明准教授の論文がプレスリリースされました。

皮膚疾患の病態再現を目指した表皮モデルを計算機上に構築〜数理モデリングを用いた新しい皮膚疾患治療方法への応用に期待〜

 

K. Ohno, Y. Kobayashi, M. Uesaka, T. Gotoda, M. Denda, H. Kosumi, M. Watanabe, K. Natsuga, and M. Nagayama,  A Computational Model of the Epidermis With the Deformable Dermis and Its Application to Skin Diseases, Scientific Reports, 11, 13234 (2021), DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-92540-1

 

詳しくはこちらを御覧ください。