人間数理研究分野全体
口頭発表等

 

2018年度

 

キラルな細胞変形によって駆動される組織自律的な内臓捻転の機構, 第41回日本分子生物学会年会(The 41st Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan), パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2018年11月28日~2018年11月30日, ○稲木美紀子(大阪大学), 大久保明野 (大阪大学), 須志田隆道,  秋山正和,  井上康博 (京都大学), 松野健治(大阪大学)

 

細胞の集団運動を表現するための自己駆動粒子系の数理モデル, 第41回日本分子生物学会年会(The 41st Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan), パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2018年11月28日~2018年11月30日, ○秋山正和, 須志田隆道, 森瞳(北海道大学大学院先端生命科学院), 石田すみれ(北海道大学大学院先端生命科学院),   古澤和也(北海道大学大学院生命科学院), 芳賀永(北海道大学大学院生命科学院)

 

A mathematical model of collective cell migrations based on cell polarity, A3 Foresight Program The 5th Joint Workshop:Mathematics of Biology, Fluid Dynamics and Material Sciences, Lakai Sandpine Hotel, Gangneung, S. Korea(江陵市、江原道、韓国), 2018年10月17日~2018年10月20日, ○Masakazu Akiyama, Takamichi Sushida, Hitomi Mori(Hokkaido University), Sumire Ishida (Hokkaido University), Hisashi Haga (Hokkaido University)

 

生命の形はどのような仕組みで決まっているのか? -数学で解き明かそう!-, 公開講座「データサイエンスが切り拓く生命科学・生体工学の未来」, 大阪大学基礎工学研究棟(大阪府茨木市), 2018年09月25日~2018年09月27日, ○秋山正和, 招待講演

 

ショウジョウバエ後腸の捻転現象を 3D バーテックスダイナミクスモデルから考える, 第56回日本生物物理学会年会, 岡山大学津島キャンパス(岡山県岡山市), 2018年09月15日~2018年09月17日, ○秋山正和,  須志田隆道, 井上康博(京都大学), 大久保明野(大阪大学), 稲木美紀子(大阪大学), 松野健治 (大阪大学), 招待講演

 

ショウジョウバエ後腸の3Dモデルに関して, 新学術領域「3Dモルフォロジック」夏合宿, 淡路夢舞台国際会議場(兵庫県淡路市), 2018年08月27日~2018年08月29日, ○秋山正和, 須志田隆道, 松野健治(大阪大学), 稲木美紀子(大阪大学), 大久保明野(大阪大学)

 

「細胞の集団運動と3次元形態形成に対する数理的アプローチ」, 北海道大学電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター 公開シンポジウム「数理連携-知のオープンファシリティ-の現状と未来」, 北海道大学フロンティア応用科学研究棟2階 鈴木章ホール(北海道札幌市), 2018年08月24日~2018年08月25日, 秋山正和, 招待講演

 

卵の割れ方の数理?ナマコからウニは作れるのか?, 「新材料創生技術と計算・データ統計学を融合した熱電材料探索と素子創出」第2回勉強会, 大阪大学産業科学研究所(大阪府茨城市), 2018年08月10日, 秋山正和, 招待講演

 

A mathematical model of collective cell migrations based on cell polarity, 2018 IMDARC (SNU) Joint workshop with Department of Mathematics, Hokkaido University, 北海道大学理学部(北海道札幌市), 2018年07月30日, ○Masakazu Akiyama, Tomonori Ayukawa(Akita University), Masakazu Yamazaki(Akita University), (招待講演)

 

A mathematical model of collective cell migrations based on cell polarity, ECMTB2018, Faculdade de Ciencias da Universidade de Lisboa、 Lisobon, Portgal, 2018年07月23日~2018年07月26日, ○Masakazu Akiyama, Takamaichi Sushida, Hitomi Mori(Hokkaido University), Sumire Ishida (Hokkaido University), Hisashi Haga(Hokkaido University)

 

A mathematical model of collective cell migrations based on cell polarity, Japan-Toronto Morphogenesis Symposium, Peter Gilgan Centre for Research and Leaning(トロント、カナダ), 2018年07月17日 ○Masakazu Akiyama, Takamichi Sushida, Hitomi Mori(Hokkaido University), Sumire Ishida(Hokkaido University), Hisashi Haga(Hokkaido University), (招待講演)

 

A Mathematical Model of Planar Cell Polarity, SMB2018 (2018 Annual Meeting of the Society for Mathematical Biology & the Japanese Society for Mathematical Biology, Uiversity of Sydney (Sydney Australia), 2018年07月08日~2018年07月11日, ○Masakazu Akiyama, Tomonori Ayukawa(Akita University), Masakazu Yamazaki(AkitaUniversity), (招待講演)

 

A self-propelled particle model for representing collective cell migrations, EASIAM2018, 東京大学本郷キャンパス(東京都文京区), 2018年06月23日~2018年06月24日, ○Takamichi Sushida, Hitomi Mori(北海道大学), Sumire Ishida(北海道大学), Kazuya Furusawa(北海道大学), Hisashi Haga(北海道大学), Masakazu Akiyama

 

3D Cell behavior in zebrafi sh somite morphogenesis, Tokyo 2018 Cell and Developmental Biology Meeting (Joint Annual Meeting of JSDB51st and JSCB 70th Cosponsored by the Asia Pacifit Developmental Biology Network), タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2018年06月05日~2018年06月08日, ○Yue Tong(Univ. of Tokyo), Harunobu Kametani( Univ. of Tokyo),  Atsuko Shimada( Univ. of Tokyo),  Masakazu Akiyama, Yasuhiro Inoue( Kyoto University),  Hiroyuki Takeda,(Univ. of Tokyo)

 

A novel 3D morphologic change of epithelial cells, cell twisting, may account for left-right directional tissue rotation, Tokyo 2018 Cell and Developmental Biology Meeting (Joint Annual Meeting of JSDB51st and JSCB 70th Cosponsored by the Asia Pacifit Developmental Biology Network), タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2018年06月05日~2018年06月08日, ○Makiko Inaki(Osaka University), Akino Okubo(Osaka University), Takamichi Sushida, Masakazu Akiyama, Yasuhiro Inoue(Kyoto University), Kenji Matsuno(Osaka University)

 

A mathematical model of 3D collective cell igrations using phase-field model, The 3rd A3 International workshop for athematical and Life Sciences, 広島大学(広島県東広島市), 2018年05月17日~2018年05月20日, ○秋山正和, 須志田隆道, 森瞳(北海道大学), 石田すみれ(北海道大学), 芳賀永(北海道大学), (招待講演)

 

 

2017年度

 

A three-dimensional vertex dynamics model for understanding the rotating phenomenon of the hindgut of Drosophila embryo, NCBS(National center for Biological Sciences)の主催するセミナー, Bangalore ,Karnataka, India, 2018年3月24日~2018年03月29日, Masakazu Akiyama, Takamichi Sushida, Yasuhiro Inoue(Kyoto University), Mikiko Inaki(Osaka University), Akino Ookubo(Osaka University), Kenji Matsuno(Osaka University), (招待講演)

 

基底膜に覆われた細胞群の回転運動を表現するための数理モデル, 日本数学会2018年度年会, 東京大学(東京都目黒区), 2018年3月18日 ~ 2018年3月21日,  ○須志田隆道,  森瞳(北海道大学), 石田すみれ(北海道大学), 古澤和也(北海道大学), 芳賀永(北海道大学), 秋山正和

 

基底膜に覆われた細胞群の回転運動を表現するための数理モデル, 2017年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学(滋賀県大津市), 2017年12月14日 ~ 2017年12月16日, ○須志田隆道, 森瞳(北海道大学), 石田すみれ(北海道大学), 古澤和也(北海道大学), 芳賀永(北海道大学), 秋山正和

 

細胞極性と細胞移動の数理モデル, 第27回日本数理生物学会, 北海道大学(北海道札幌市) 2017年10月6日 ~ 2017年10月8日, ○秋山正和, 須志田隆道, 石田すみれ(北海道大学), 芳賀永(北海道大学)

 

A self-propelled particle model based on cell pola, Equadiff2017, Bratislava,Slovakia, 2017年7月24日~2017年7月28日, ○ Masakazu Akiyama,  Takamichi Sushida (Invited)

 

A mathematical model of cell polarity and cell migration  (Poster Presentation),  isdb Singapore 2017「18th International Congress of Developmental Biology 」, National University of Singapore(Singapore),  2017年6月18日~2017年6月22日, ○ Takamichi Sushida,  Masakazu Akiyama

 

上皮細胞組織変形の三次元シミュレーションを用いたショウジョウバエ消化管の左右非対称な捻転を起こす細胞変形の素過程の同定, 第69回日本細胞生物学会大会, 仙台国際センター(宮城県・仙台市), 2017年6月13日 ○稲木美紀子(大阪大学), 大久保明野, 須志田隆道, 秋山正和など(招待講演)

 

細胞極性に着目した細胞群の運動モデル, 第22回計算工学講演会, ソニックシティ(埼玉県・さいたま市), 2017年5月31日~2017年6月2日, ○秋山正和, 須志田隆道

 

数学のメガネで生物を見てみよう!, 第110回システム情報科学研究会(SSIセミナー), 北海道大学大学院情報科学研究科(北海道・札幌市), 2017年5月24日, ○秋山正和招待講演)

 

A mathematical model of collective cell migration based on cell polarity,  A3-NIMS Joint Workshop on 「Interdisciplinary Research Connecting Mathematics and Biology」,NIMS (Daejeon,Korea),  2017年5月12日~2017年5月13日,○Masakazu Akiyama,  (Invited)

 

A self-propelled particle model based on cell pola (Poster Presentation), the 50th Annual Meeting of JSDB,ower Hall Funabori(Tokyo), 2017年5月9日~2017年5月11日, ○Takamichi Sushida,  Sumire Ishida,  Hisashi Haga,  Masakazu Akiyama

 

 

2016年度

 

細胞極性と細胞移動の数理モデル, 数理生物研究会2017, 北海道大学電子科学研究所(北海道、札幌市), 2017年3月9日~2017年03月11日, ○秋山正和

 

樟脳円盤の集団運動と反応拡散系,複雑系数理の新展開,北海道大学(北海道・札幌市),2017年2月15日〜16日,長山雅晴

 

皮膚構造の数理モデリング:病態再現への挑戦,CREST領域シンポジウム,東京大学大学院数理科学研究科(東京都・駒場),2017年2月11日〜12日,長山雅晴

 

自走運動に対する数理モデリングとその解析,2017年軽井沢グラフと解析研究集会,日本大学軽井沢研修所(長野県・軽井沢市),2017年2月8日〜10日,長山雅晴

 

Mathematical modeling and analysis of the self-propelled disk and its collective motions, Seminar, Université Paris-Sud 11 (France, Orsay) January 19th, 2017 , ○Masaharu Nagayama

 

表皮が維持される仕組みを数理で考える,生物多様性コロキウム,京都大学(京都府・京都市),2017年1月10日,長山雅晴

 

細胞集団が同じ方向を向く仕組み ~数学と生物学のマリアージュ~, CREST「生命動態の理解と制御のための基盤技術の創出」研究領域 第7回数理デザイン道場, お台場、(東京都), 2016年12月19日~2016年12月20日,○秋山正和, 山崎正和 (招待講演)

 

マランゴニ流の影響を含む,円環水路における樟脳円盤の自律運動の数理モデル,応用数学合同研究集会(日本数学会応用数学分科会主催),龍谷大学(滋賀県・大津市),2016年12月15日〜17日,○岡本守(北海道大学),長山雅晴,秋山正和

 

細胞極性と細胞移動の数理モデル, 2016年度応用数学合同研究集会,  龍谷大学, 2016年12月15日~2016年12月17日, ○須志田隆道,  秋山正和

 

Traveling pulse solutions in a point mass model of diffusing particles ,応用数学合同研究集会(日本数学会応用数学分科会主催),龍谷大学(滋賀県・大津市),2016年12月15日〜17日,○簑毛崇章(北海道大学),長山雅晴,Elliott Ginder

 

自励往復運動をする液滴の数理モデル,応用数学合同研究集会(日本数学会応用数学分科会主催),龍谷大学(滋賀県・大津市),2016年12月15日〜17日,○佐藤優祐(北海道大学),長山雅晴,田中晋平,中田聡

 

表皮幹細胞ダイナミクスと真皮形状変形の数理モデル,応用数学合同研究集会(日本数学会応用数学分科会主催),龍谷大学(滋賀県・大津市),2016年12月15日〜17日,○小林康明(お茶の水大学),北畑裕之,長山雅晴

 

表皮機構の数理モデリングとその皮膚疾患への応用,第17回計測自動制御学会,システムインテグレーション部門講演会,札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市),2016年12月15日〜17日,○長山雅晴(招待講演),小林康明,熊本淳一,傳田光洋,北畑裕之,中田聡

 

Pilot study on mathematical modeling of the mechanosensitive responses in a sensory neuron, The 17th RIES-Hokudai International Symposium “Jyuu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo, (Sapporo, Japan), December 13th-14th, 2016, Masashi Nakatani, Hiroyuki Kitahata, Masaharu Nagayama

 

Mathematical model including fluid’s effect of camphor disk’s self-motion , The 17th RIES-Hokudai International Symposium “Jyuu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo, (Sapporo, Japan), December 13th-14th, 2016, ○ Mamoru Okamoto, Masaharu Nagayama, Masakazu Akiyama

 

Traveling pulse solutions in a point mass model of diffusing particles, The 17th RIES-Hokudai International Symposium “Jyuu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo, (Sapporo, Japan), December 13th-14th, 2016, ○ Takaaki Minomo , Masaharu Nagayama,Elliott Ginder

 

表皮の数理モデリングとその応用,金沢大学先魁プロジェクト「幹細胞とがんの数理生物学」シンポジウム,金沢大学(石川県・金沢市),2016年11月24日,長山雅晴(招待講演)

 

次元形態を表現する数学的基盤の構築(ポスター発表), 日本数学会 異分野・異業種研究交流会2016,  明治大学(東京都), 2016年11月19日, ○須志田隆道(北海道大学),秋山正和

 

Mathematical modeling for the farrier function of the stratum corneum, The 27th CDB Meeting “Body Surface Tactics: Cellular crosstalk for the generation of super-biointerfaces
, RIKEN Center for Developmental Biology (Kobe, Japan), November 14th and 15th, 2016 , ○Masaharu Nagayama (Invited)

 

細胞極性と細胞移動の数理モデル, RIMS研究集会 第13回「生物数学の理論とその応用」-連続および離散モデルのモデリングと解析-」, 京都大学数理解析研究所(京都府、京都市), 2016年11月14日~2016年11月17日, ○秋山正和, 須志田隆道(北海道大学)

 

毛 の 方 向 が 一 方 向 に 揃 う 現 象 に 関 す る 数 理 モ デ ル, 第4回アライアンス若手研究交流会,北海道大学電子科学研究所(北海道、札幌市)(北海道、札幌市), 2016年11月9日~2016年11月10日, ○秋山正和, 山崎正和,鮎川友紀,(招待講演)

 

 

表皮構造の数理モデルの医学・産業界への応用の可能性について,ものづくりセミナー.鹿島建設(東京都・港区),2016年10月26日,○長山雅晴(招待講演)

 

細胞極性と細胞移動の数理モデル, RIMS研究集会「集団ダイナミクスに現れる時空間パターンの数理」, 京都大学数理解析研究所(京都府、京都市),2016年10/12~2016年10/14, ○秋山正和, 須志田隆道(北海道大学),(招待講演)

 

3次元形態を表現する数学的基盤の構築, RIMS研究集会「集団ダイナミクスに現れる時空間パターンの数理」, 京都大学数理解析研究所(京都府、京都市), 2016年10月12日~2016年10月14日, ○須志田隆道(北海道大学), 秋山正和

 

表皮構造の数理モデルとその応用について, 医用画像と数理に関する4プロジェクト合同セミナー,北海道大学電子科学研究所(北海道・札幌市),2016年9月21日〜22日,○長山雅晴

 

Mathematical analysis of the collective motion of camphor disks, International Workshop: Mathematics of Pattern Formation, Mathematical Research and Conference Center, Bedlewo (Poland)
September 11th-17th, 2016, ○Masaharu Nagayama (Invited)

 

Mathematicsl modeling for the barrier function of the stratum corneum, Czech Japanese Polish Seminar in Applied Mathematics 2016, AGH University of Science and Technology (Kraków, Poland), September 5th-9th, 2016, ○Masaharu Nagayama, Y. Kobayashi, M. Denda and H. Kitahata

 

Tetragonal versus hexagonal tiling of the Drosophila eye, The 12th Japanese Drosophila Research Conference (JDRC12) ,日本ショウジョウバエ研究会.立教大学.2016.9.9-11.○秋山正和

 

Czech Japanese Polish Seminar in Applied Mathematics 2016, AGH University of Science and Technology (Kraków, Poland), September 5th-9th, 2016, ○M. Okamoto, M. Akiyama and M. Nagayama

 

自励往復運動をする液滴の数理モデル,第10回応用数理研究会,休暇村千里浜(石川県・羽咋市),2016年8月25日〜27日,○佐藤優祐(北海道大学),長山雅晴,田中晋平,中田聡

 

マランゴニ流の影響を含む, 円環水路における樟脳円盤の自律運動の数理モデル,第10回応用数理研究会,休暇村千里浜(石川県・羽咋市),2016年8月25日〜27日,○岡本守(北海道大学),長山雅晴,秋山正和

 

平面内細胞極性の数理モデル,  数理で解き明かす森羅万象~小林亮とゆかいな仲間たちの研究会~.広島大学,(2016.8.20-21).(国内招待講演・ポスター発表) ○秋山正和(招待)

 

Chaotic traveling pulses in some reaction-diffusion system, The 11th AIMS Conference on Dynamical systems, Differential Equations and Applications, Orlando, USA, July 1st – 5th, 2016, ○Masaharu Nagayama (Invited).

 

A Mathematical Model of Planar Cell Polarity, E.C.M.T.B.2016(ヨーロッパ数理生物学会),イギリス(ノッティンガム),(2016.6.10-15).(ポスター発表) ○Masakazu AKIYAMA,

 

皮変形を伴う表皮構造の数理モデリング,第21回計算工学講演会,新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市),5月31日〜6月2日,○長山雅晴,小林康明,熊本淳一,傳田光洋,北畑裕之,中田聡

 

「生物の3D形態を構築するロジック」,班会議.北海道大学.(国内一般講演およびポスター発表.研究集会のオーガナイザー),2016.5.23-24 ○秋山正和

 

GLSC3D講習会の講師.広島大学.(2016.5.9-14).○秋山正和

 

The collective motion of camphor papers in an annular water channel, International Workshop in Industrial Mathematics, Campinas University, Sao Paulo, Brazil, May 5th-7th, 2016, ○M. Nagayama (Invited).

 

角層バリア機能の数理モデリングとその応用,第53回 芝浦工大数理科学科談話会,芝浦工業大学大宮キャンパス(埼玉県・さいたま市),2016年4月27日,○長山雅晴

 

反応拡散系と樟脳運動の数理モデル,金沢解析セミナー,金沢大学キャンパスプラザ(石川県・金沢市),2016年4月9日,長山雅晴

 

2015年度

 

Mathmatical modeling for the barrier function of the stratum corneum, 2016 NCTS Workshop on Applied Mathematics at Tainan, National University of Tainan, Tainan, March 28th, 2016, Masaharu Nagayama.

 

非線形科学研究の動向(自走粒子運動について),非線形科学と時間学の交流ワークショップ,山口大学(常磐キャンパス)(山口県・宇部市),2016年3月25〜26日,○長山雅晴

 

現象の数理モデリングと反応拡散系,阿波セミナー2016「非線形現象の数理解析」,徳島大学(徳島県・徳島市),2016年3月9日,○長山雅晴

 

皮膚科学に対する数理科学的アプローチ,非線形現象の数値シミュレーションと解析2016,北海道大学(北海道・札幌市),2016年3月7日〜8日,○長山雅晴小林康明澤武裕輔,傳田光洋,北畑裕之,中田聡

 

角層バリア機能の数理モデリングとその応用(ポスター発表),北大・部局横断シンポジウム 大学内研究ネットワーク促進プログラム「生体防御 システムとその破綻」〜免疫・感染・ 癌・炎症〜,北海道大学(北海道・札幌市),2016年3月7日,○長山雅晴小林康明

 

真皮形状変形の数理モデルについて,第4回皮膚の会,淡路夢舞台国際会議場(兵庫県・淡路市),2016年3月5日〜6日,○長山雅晴

 

表皮構造の数理モデリング 〜 病態再現を目指して〜,北大皮膚科特別講演(北海道・札幌市),2016年2月24日,○長山雅晴小林康明,傳田光洋,北畑裕之,中田聡

 

鉄鉱石焼結の空隙形成に対する数理科学的アプローチ,応用数学合同研究集会,龍谷大学(滋賀県・大津市),12月17日〜19日,○安芸 勇人,小林康明,中川淳一,長山雅晴

 

Proneural waveの数理モデリング,応用数学合同研究集会,龍谷大学(滋賀県・大津市),12月17日〜19日,○南佳晃,佐藤純,三浦岳,長山雅晴

 

樟脳の自律運動に対する流体の影響,応用数学合同研究集会,龍谷大学(滋賀県・大津市),12月17日〜19日,○岡本守長山雅晴小林康明金子美奈秋山正和

 

長距離結合を持つ弱興奮系における振動ダイナミクス,応用数学合同研究集会,龍谷大学(滋賀県・大津市),12月17日〜19日,○小林康明,北畑裕之,長山雅晴

 

カイメンの骨格形成に対する数理モデルの構築,応用数学合同研究集会,龍谷大学瀬田キャンパス(滋賀県・大津市),12月17日〜19日,○石橋 宏朗,乾 ちひろ,岸本 光司,船山 典子,秋山 正和

 

Influence of convection ot self-motion of camphor, The 16th RIES-Hokudai International Symposium “Jyutsu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo (Sapporo, Japan), November 10th-11th, 2015, ○Mamoru Okamoto, Masaharu Nagayama, Yasuaki Kobayashi, Mina Kaneko and Masakazu Akiyama.

 

Mathematical approach for the void formation of the sintering, The 16th RIES-Hokudai International Symposium “Jyutsu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo, (Sapporo, Japan), November 10th-11th, 2015, ○Yoto Aki, Masaharu Nagayama, Yasuaki Kobayashi.

 

Mathematical modeling of proneural wave, The 16th RIES-Hokudai International Symposium “Jyutsu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo (Sapporo, Japan), November 10th-11th, 2015, ○Yoshiaki Minami, Masaharu Nagayama, Makoto Sato, Takashi Miura.

 

Calsium-mediated reduction of structural fluctuation in epidermis, The 16th RIES-Hokudai International Symposium “Jyutsu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo (Sapporo, Japan), November 10th-11th, 2015, ○Yasuaki Kobayashi, Hiroyuki Kitahata and Masaharu Nagayama.

 

Toward constructing a mathematical model of sponge skeleton construction, The 16th RIES-Hokudai International Symposium “Jyutsu” (Poster Presentation), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom Sapporo (Sapporo, Japan), November 10th-11th, 2015, ○Hiroaki Ishibashi, Chihiro Inui, Koji Kishimoto, Noriko Funayama, Masakazu Akiyama

 

A mathematical model of sponge structure(ポスター講演),日本数理生物学会,同志社大学今出川キャンパス良心館(京都府・京都市),8月26日〜29日,○石橋 宏朗,乾 ちひろ,岸本 光司,船山 典子,秋山 正和

 

海綿の数理モデルについて,応用数学研究会,休暇村能登千里浜(石川県・羽咋市),8月19日〜8月21日,○石橋 宏朗,乾 ちひろ,岸本 光司,船山 典子,秋山 正和

 

 

2014年度